説明会日程はこちらです。

大善小善について

 大善小善は「株式会社あらい」が大事にしている概念の一つです。そしてあらいだけでなく、いろいろな経営者も大事にしている考えです。今回は大善小善の意味について説明するとともに、あらいの中でどのようなところにその考えが活かされているのか紹介します。

大善小善とは?

 元々は「小善は、大悪に似たり、大善は、非情に似たり」という言葉です。小善とは自己満足のために行う善いこと。大善は本気で相手のことを考えて行う行動です。つまり、自己満足のために行う善行は、善意から行ったことでも大悪になることがある。一方で、本気で相手のことを考えた行動は非情に見えても、良い結果になるということです。

 例えば、そこにお金に困っている人が、お金を借りに来たとします。あなたはかわいそうだと思って、その人にお金を渡したとします。これは善意から良かれと思ってとった行動です。しかし、これは小善です。なぜなら、そのひとがお金に困ったときの解決方法は「誰かにお金を借りる」のみになってしまうから。

お金を渡しても、その人はまた借り来ることになります。これは、お金に困ったときの解決法が誰かにお金を借りる事の一点のみであることに起因します。

つまり実際にはその人が、お金に困ったときに取れる解決法の選択肢を奪ってしまうことになるのです。

一方大善とは、お金を渡すわけではなく、その人がお金に困らないような考え方や、もしお金に困ったとしても自らの力で解決できる方法を身につけ、自立出来る様に、付き合い、促していく事であるといえます。

 

教育における大善小善

 先ほどのことを教育に当てはめてみるとどうでしょう。近年は360°評価というものが流行っていて、上司も部下に気に入られようと甘やかしてしまうことがあります。しかし、それは本当に社員、部下の将来を考えたときに良いことと言えるのでしょうか。上司が部下を甘やかせば、部下は伸び悩み結果としてクビになるかもしれません。厳しく叱る行為は、非情に見えても部下のためを思ってのことなら、良いことなのです。

 しかしただ単に部下を責めればよいというわけではありません。そこに必要なのは、相手のことを本当に思う精神で社員を成長させ、会社の発展につなげていこうとあらいは考えています。

大善小善で本音でぶつかる

 あらいでは、うわべの話や、お世辞とかではなく、本音で話す集団でありたいと考えています。

会社や、その人の将来をよくすることを本気に考えることなく仲間と仲良くする人は、一見よい人に見えるかもしれませんが、結果、仲間をダメにしていくと考えています。これは小善です。うわべのだけの愛情は相手を不幸にしていきます。

逆に、会社や、その人の将来をよくすることを本気に考えて厳しく接することができる人は、けむたがられるかもしれませんが、長い目で見れば、人を大きく成長させることができると考えています。これが大善です。

会社や、その人の将来を長い目でみて、いいことで、続けてほしいことは褒め、逆に、続けてほしくないことはきちんと注意し、正すべきです。

世間では、個人の自由や、考え方の自由ということで言いにくいとか、言ったら煙たがられるとか、うわべの関係のことを気にしすぎているように思います。このような考えではなく、社会人として、大人として、会社と仲間の将来のことを考えて、言いにくいことも本音できちんと話をするべきだと考えています。

 

 

新卒者の方の応募

株式会社あらいでは新しいメンバーを募集中です。

新卒の方はこちらからご応募ください。


新卒採用の応募はこちらから

SNSでもご購読できます。