説明会日程はこちらです。

卸売業界の仕事と求人内容

就職、転職を考えている方で、卸売業界も視野に入れている人も、具体的にどの様な仕事なのかわからないという人も少なからずいるかと思います。そのような方のために、卸売業界の詳しい仕事内容など説明していきますので是非、参考にして下さい。

 

 

  卸売業界の仕事内容と求人内容

 卸売業者は、小売業者または他の卸売業者に商品を販売しています。建設業、製造業、運輸業、飲食店などの産業用使用者に対して、売り上げ規模などによりますが、商品を大量に仕入れることで優待的な価格でを仕入、お客様に販売して、利益を得ています。このような、幅広い分野の職種が卸売業には存在しているのです。

 卸売業界の求人に記されている主な仕事内容は、荷受・受発注管理・出荷管理・在庫管理・請求・支払・販売・仕入・電話応対・配達・新規顧客開拓・与信管理等、多岐にわたります。

 卸売業では、取り扱い商品が多いので幅広い商品知識を持っておかなければなりません。季節や流行、新商品の発売などにより、日々売れ筋の商品が変わって行くので、市場の動向やお客様のニーズを把握する必要があります。在庫を抱えすぎないように、なおかつお客様の欲しい商品は素早く出せるように、日々お客様が何を必要としているのか?市場では何が売れているのかをチェックし、在庫商品を充実させなければいけません。加えて、ただ物を仕入れて売るのではなく、品質の良いものを仕入れるため取引先と交渉し、お客様に適正価格で販売し、信頼を築くことで、お客様と長くお付き合いをすることが出来ます。このような仕事内容をきちんと理解しておくことが、業務をスムーズに進めるポイントの一つになってきます。

 

卸売業界で求められる人材

 卸業界では、お客様と取引先、係る人達と長く付き合わなければならない業種のため、人間力が特に重要になってきます。加えてコミュニケーション、気転が効く、向上心があるなどの能力が求められます。

人間力とは、相手と良好な信頼関係を築くことで相手の心を動かすことができる能力のことです。相手に気を向けてよく観察し、心の底から相手の望みを見つける。自分たちの使えるものを駆使して、相手の希望を叶えるためによい影響を与えようとすることで信頼関係を築くことが出来ます。そうしていく中で、人を見る目を養い、相手にはたらきかけることで付加価値を生み出す「人間力」は、あらゆるビジネスに必要な能力です。この能力を身につけた人は、お客さまや交渉相手にうまくはたらきかけて価値を生み出し、利益をあげる仕事ができます。お客様も満足し、自分たちも利益を得て関わる人達を皆幸せにすること、それは仕事の本質をついていると言えるでしょう。

 付加価値の重要性

卸売業界限らず、日々新しいことを考え、サービスで付加価値を与えることに挑戦していき、販売方法を工夫することでまだまだ伸びしろが存在し、会社で働いている社員の向上心や能力によって売り上げや会社の価値が大きく伸縮します。毎日の業務を単にこなしていくだけではライバルに負けてしまいます。日々新しいことを考え、私たちのあるべき姿を想像し仕事に結び付けてくことも大切です。試行錯誤しながら成長する能力が必要となってくるでしょう。

 

株式会社あらいでは、 堺市で住宅設備機器を取り扱っています。これまで以上にお客様に信頼されるように、「増改築のプロを支える」を合言葉として、未来を見据えた5つのソリューションを独自に打ち出し他社との差別化を図るとともに、強化することにも取り組んでいます。 人間力を身に付けたいという向上心がある方にはおすすめの業界です。

 

 

 

求職者の方はこちらへ

求職社の方は下記のリンクから

新卒採用の応募

中途採用の応募

アルバイト・インターンの応募

SNSでもご購読できます。