説明会日程はこちらです。

期待を超える仕事とは

毎日、お客様の為に一生懸命仕事をするからには、期待を超える仕事がしたいと考えています。

人生の大半を占める仕事の時間を、本当に充実したものにする為には、自分自身の仕事に誇りを持ち、やりがいを感じ、喜びや感謝の気持ちを積み上げながら成長していきたいと思いませんか?

期待を超える仕事

期待を超える仕事とはどのようなものかご存知でしょうか?

そもそも自分がお客様にどれぐらい期待されているのか正確にはわからない、と思っている方もおられるかもしれません。

確かに期待というものは数値化できるものではありませんので、今回は50期待されているから55の実績をあげようと思い、取り組めるものではありません。

ただ事実として、お客様の事前期待を事後評価が上回れば注文は必ず続きますし、受注増も見込めます。

しかし期待と評価がイコールの場合は、再び注文はくるかもしれませんが継続や発展は期待できません。

まして期待より評価が低い場合などは論外になります。

それではお客様の期待を超える仕事をする為に、何が必要になるでしょうか?

やりぬく力を持つ

先ずは困難な問題や課題に対して、できる、できないという判断基準ではなく、自分が「なんとしてもやりぬく」という強い自負心や責任感を持つことが重要です。

そのうえで今まで積み上げてきた経験や知識を全て使い、起こりうるあらゆる事態を想定しながらも、失敗を恐れることなく、最後まで絶対に諦めず、意地でもやりきる。

本当に難しい問題を解決していくためには、常日頃から学ぶ努力を怠ってはいけません。本を読み自分のものにして実行に移し活かす、人と会い見習うべきところを見付けそれを真似てみる。

持てる力を最大限に発揮することで自らが渦の中心となり、自然に周囲を巻き込みながら仲間の協力を得て、その高い目標を達成する。

万が一、当初思い描いていたゴールとは違った結果にたどり着いたとしても、それは成果と捉え、学び活かし続けることで、正しい方向へと向かっていける次の力に変える。

そのような執念にも似た感覚を持つことが自身を磨き上げ、日々成長することに繋がります。

そしてその働き方、考え方を続けることが出来れば、必ず周りにも良い影響を与えます。

その影響を受けた仲間が同じように動くことが出来れば会社として無敵のチームが完成します。

存在意義を高め続ける

あらいでは、増改築・リフォームのプロの為に存在するプロであり続けることで、お客様の利便性を追求する。

これを第一に掲げて、多種多様なメーカーを取り扱い、店頭在庫の充実をはかり、商品知識を磨き続け、熱意と誠意そしてスピードをもって徹底的にお客様であるプロを支えています。

その為には顧客期待を把握し、顧客満足度を高めながら、それを更に上回るための行動計画と実行が必要です。

お客様に必要とされ、感謝され、そして認められるようになるには、常に期待を上回ろうと強く意識しなければなりません。実際により早く、より高い成果を出すことが大事です。

期待を超える為に、お客様が自分に対してどんな先入観をもっているか、それを自己分析をすることで自分の強み、弱みをしっかり把握して仕事に取り組む必要があります。

自分のことを正しく理解できていれば、相手の先入観を覆すことができるようになります。

このように取り組むことで、お客様の満足感を糧にして自身の成長に繋げ、会社を立派にしていくように努めていくことが私達の存在意義を高めることだと考えております。

 

感謝と感動

お客様の心を動かすことは、決して難しいことをしたからということではありません。

期待を超えるから、感謝が生まれます。そして目に見える、見えないものを積み上げていくことで感動を与える存在になることを目指しています。

せっかくお客様のために仕事をするからには、相手を驚かせ、感動させたい。期待を超える仕事をしたい。

仕事でお客様を感動させることが出来たら、自分自身も感動することができます。

仕事を通してお客様とそうした関係を築けたとしたら、これ以上の喜びはないと思います。

日々の弛まぬ努力はそんな瞬間のためにあるのです。

あらい独自のサービスがお客様に選ばれ、満足していただけることは、当事者である私たちにしか味わえない仕事の醍醐味であり、それは人生の大切な財産になると考えています。

 仕事で自分の人生を切り開く覚悟を持ち、お客様に感謝し感謝される毎日に充実感と達成感、そして喜びを感じながら成長していくことが人間としての本当の在り方と考えております。

SNSでもご購読できます。