説明会日程はこちらです。

あらいの内勤営業(販売職)について

あらいには営業職と事務職に大きく分かれていますが、営業職にも内勤営業か外勤営業かという違いがあります。外勤営業は就活生にも想像しやすいと思いますが、内勤営業は馴染みがないでしょう。そこで、あらいの内勤営業について紹介します。


内勤営業の仕事

 内勤営業は一般的に、店舗に来店したお客様や、お問い合わせをされたお客様を接客する事です。有名なのは不動産や携帯電話の営業です。彼らが、直接自分の家や職場に営業にくることはないと思います。基本的に来店したお客様に、物件や携帯の情報を提供し、販売につなげます。

電話営業も内勤営業の一種です。電話営業は自ら能動的に電話をかけるケースと、通信販売などお客様からの要請に応えるものとがあります。私たちの場合で言いますと、来店されたお客様を接客対応させていただく事にあたります。

外勤との違い

 端的に言うと、内勤と外勤の違いは働く場所の違いです。内勤は外勤のように外へ出て営業を行うことはありません。先ほどの例で言うと、自ら電話をかける電話営業を除き、基本的にはお客様のアクションがあってからの営業です。お客様がアクションを起こすということは、商品や会社に興味を持っているという証拠なので、外勤の新規開拓のように新しいお客様を見つけるという負担は小さいです。つまり、お客様の視点に立って一緒によい財・サービスを探せるということが特徴でしょう。
  しかしながら、外勤では移動時間があり、1日の営業相手や時間をあらかじめ決めてあるのに対して、内勤ではお客様の数によってスケジュールが決まり、スケジュールを読みにくい傾向にあります。

あらいの内勤営業

 あらいの内勤営業は、現場で商品や材料が急に必要となった時や、現場に行く前の準備で来店されるなどの、あらいを自分の倉庫代わりに利用ただいているお客様に対して対応しています。お客様の問い合わせに対して的確にアドバイスすることや、商品の手配なども行います。この仕事は、お客様に細やかな配慮が出来るのはもちろん、商品に対する知識が重要になります。あらいでは続々と新商品を入荷し、今後は商品在庫点数30,000点を目指しています。そのため、私たちは「相手に気を向けてよく観察し、心の底から相手の望みを見つけ、自分たちの使えるものを駆使して支える」ことで信頼関係を築くことができ、人として成長する事ができるのです。 

 しかし、実際どのような形で働いているのかを見たいという方もいると思います。そこであらいでは考えに共感し、頑張る意欲のある方に向けて実践型で給与が発生する「あらインターン」を実施しています。あらインターンでは、内勤営業の補佐をすることもでき、実際に店頭接客などの仕事も体験できます。「百聞は一見にしかず、百見は一考にしかず、百考は一行にしかず、百行は一果にしかず」とも言います。情報収集も大事ですが、実際に体験し何かを成し遂げた方が身につきます。是非あらインターンで、実際に業務を成し遂げましょう。
 

 

アルバイト・インターンの応募

株式会社あらいでは新しいメンバーを募集中です。

アルバイトやインターンで働いてみたい方はこちらから応募ください。


アルバイト・インターンでの応募はこちら

SNSでもご購読できます。